このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しい方は、以下のリンクから、!以下の書籍と同じものが、無償PDFファイル・そのAudio BookのMP3形式がダウンロードできます。


PDFのダウンロード http://free-culture.org/freecontent/

MP3のダウンロード(Bittorrent) http://resare.com/fc/




多くのBlogなどでAudio Bookが勧められています。

私もhttp://audible.com/はいいサイトだと思います。

でも、まずは、上で紹介したAudio Bookをダウンロードして体験してみてください。


 まだ読み終えてないのでどういう内容か説明できませんが、

インターネットをするならばぜひ呼んで欲しい本です。

以下がこの日本語訳です。現在書籍でしか日本語訳はありません。レビューから本の書かれている内容はわかると思います。



 ここでは導入の仕方を詳しく説明します。

Bittorrent廻りが少し不十分です

Audio Book -Free Cultureを入手する。

Bittorrentのインストール

BittorrentというP2Pソフトが必要になります。

こちらを参考に、Bittorrentをインストールします。


PDFのダウンロード

このPDF形式のファイルを見るには、PDF閲覧ソフトをあらかじめインストールする必要があります。

テキスト版が欲しい方は、以下から探してください。

http://free-culture.org/remixes/

サイトへアクセス

http://free-culture.org/freecontent/

にアクセスします。

ダウンロード

どちらか一つでかまいません。


FreeCulture(bittorrent)をクリックします。

するとBittorrentクライアントが立ち上がりダウンロードが始まります。


PDFファイルを通常の方法でダウンロードしたい場合は、上の Click Download Free Cultureの所をクリックします。

MP3をダウンロード

サイトへアクセス

http://resare.com/fc/

ダウンロード

Lawrence_Lessig__Free_Culture__AudioBook__v1.0.torrentの所をクリックします。

するとBittorrentクライアントが立ち上がりダウンロードが始まります。

なるべく長い時間ファイルを共有してください。


閲覧

ダウンロードした freeculture-audiobook.zip Zipファイルを展開すると以下のようになります。

あとは普段使っているMP3再生ソフトで再生できます。もしMP3形式の再生ソフトをお持ちでなければ

オープンソースソフト MediaPlayerClassicを推薦します。


同じく、ダウンロードしたfreeculture.zip Zipファイルを展開します。

このファイルをダブルクリックすると、PDF閲覧ソフトが起動して以下のような感じになります。

あとは、このPDFを閲覧しながら、Audioを堪能します。


注意

以下のサイトを訪れるとFree Cultureについてや、このファイルのライセンスについて知ることができます。

http://www.creativecommons.jp/


関連

Free Culture isuzukiさんの日本語訳


PREFACE/序文

http://d.hatena.ne.jp/isuzuki/20050213